2009年02月20日

サムライ画廊6

川和千鶴 〜猫魚姫のおかあさん〜
                      
 『懐かしき昭和のモノクロ写真展』 
     KAWAWA CHIZURU EXHIBITION

2009. 5.7(木)〜5.13(水) 於 JazzBar SAMURAI

会 費: 1Drink〜オーダー (メニューどおりの飲食代を申し受けます)
      バー猫魚姫のおかあさんカクテルあります
☆当店常連の“にゃんぎょひめ”さんの個展です。LPサイズを18点展示します。
☆《9日の土曜15〜18時》 幸せの猫魚姫のテーマを奏でるウクレレ・ミニライブの日
  飛び入り歓迎! お好きな楽器もちよってみんなで楽しく演奏しましょう。
 ※ステージでの本格ライブではなく、客席での寄り合いです。(車座・アコースティック)
 ※参加ご希望の方は、お尋ね下さい。

幸せの猫魚姫(にゃんぎょひめ)                      (随時更新します) 

かわいい母の日にちなんだ作品や、猫魚姫の母を偲ぶなつかしの白黒写真を展示する予定です。原画だけの個展とはまたひと味ちがった、プライベートな要素の強い7日間になりそうです。猫魚姫作者の素顔が少しだけのぞけるかも。ぴかぴか(新しい)猫魚姫(にゃんぎょひめ)ぴかぴか(新しい)

      川和千鶴〜猫魚姫のおかあさん

sgKaw 012bw.jpgsgKaw 004bw.jpg
sgKaw 005bw.jpgsgKaw 010trwl.jpg
sgKaw 015bw.jpgsgKaw 001bwrrspfi.jpg
      Original Photo by Yamaguchi / Gallery Photo by Jiken
                   sgKaw 016bwsq.jpg

kawawnp002.jpg
2009.6.1 日本農業新聞の一面にカラーで猫魚姫ご登場!


ラベル:猫魚姫 川和千鶴
posted by 二健 at 00:00| Comment(7) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本展は

川和千鶴水彩画・写真展
「猫魚姫のお母さん」

母の日にちなんだ作品や、猫魚姫の母を偲ぶなつかしの白黒写真を展示する予定です。原画だけの個展とはまたひと味ちがった、プライベートな要素の強い7日間になりそうです。猫魚姫作者の素顔が少しだけのぞけるかも。
Posted by 猫魚姫(にゃんぎょひめ) at 2009年03月02日 23:56
猫魚姫(にゃんぎょひめ)さま
かしこまりました。早速更新しました。
コメントもそのまま囲みこんで使っちゃいました。
当日はウッドベースソロの「母さんの歌」でもかけましょう。
Posted by 二健 at 2009年03月03日 03:54
ウクレレ奏者に打診してみましたら
快諾でしたよ♪

今開催中の個展会場でも
素晴らしい演奏を披露してくださいました。
Posted by 猫魚姫(にゃんぎょひめ) at 2009年03月31日 00:16
猫魚姫(にゃんぎょひめ)さま
それはそれは吉報ですヽ(^。^)ノ
Sギャ廊が、よりいっそう立体的になりますね。
ウクレレとは蚤が飛び跳ねるとかの意味だとか…、
猫魚姫さまのおけけに飛びついて、
カユイ、カイイ→カワユイ、カワイイ
となること請け合いです。

猫魚姫の胸で奏でるマンドリンも聞きたいナ。
Posted by 二健 at 2009年03月31日 22:40
初夏の新風が爽やかな昼下がりでした。
ウクレレ2台、三線3台、マンドリン1台、箱ドラム1台、
弊店より太鼓3個と木魚、天狗グッズの玩具の笛。
それらが奏でるハワイアンとボサノヴァと沖縄民謡の調べ。
「涙そうそう」の合唱、昔懐かしの歌声喫茶のひと時。
車座の皆さんの生業は、美容師、消防士、先生…。
出身地は、神奈川、栃木、山口…、
ともかく、猫魚姫旋風の夕べでした
いつものオーディオ・ジャズを聴きに来た男性客は、
いつもと違うので失望して帰られました。
一日その場限りの多数派ですから、ご心配なく…。

持ち寄りアコミニライブが解除された6時以降も
居残り組と新参入者の方でお話が続きました。
女性美容師さんが髪の毛の多い猫魚姫さんの御髪を鋤くことと相成り、
当店はジャズバーバー・サムライとなったのでした。
私も髯を刈られるところでしたが免れました。
皆様、どうも有難うございました。

会期中に一度は来てね(^_-)-☆

初出:BBS「サムライブルース」
http://6112.teacup.com/samurai/bbs/1344
Posted by 二健 at 2009年05月10日 14:07
本当に二健さんのおかげで大盛り上がりとなりました。どうもありがとうございます。

やっと本当に私なりの母の法事をしてあげられたような気がいたします。会期中、出来るだけ私も顔を出します。
Posted by 猫魚姫(にゃんぎょひめ) at 2009年05月11日 00:44
猫魚姫さまは、やはり私にとっての招き猫様です。
人間招猫に幸あれ。ポクポク(←木魚の擬音)
「天狗に奉仕する人間の招き猫」(←俳句のつもり)
Posted by 二健 at 2009年05月11日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。