2009年11月15日

サムライ画廊14_中仙堂個展《パルサーシリウス号の謎》

watanabe04.jpg

 中仙堂個展 《パルサーシリウス号の謎》 

二十世紀に始った宇宙時代の継承として、既に国際宇宙ステーションISSが建設されました。
しかし、今後100年経っても人類の夢は太陽系の外には展開しないだろうと云う見方が多い。
宇宙の果てなるモノを、想像力で見てみようと云う飽くなき好奇心により。
外宇宙の景観をテーマしたコンピュータグラフイックを展示いたします。

時計 2009年12月5日(土) 16:00〜20:00
満月 一日だけの個展を開催させて頂きます。
バー 料 金: 1ドリンク・オーダー (店のメニューに準じます)
家 JazzBar サムライ  03-3341-0383

SAO(スペースアートオフィス)として平成二十年より新しい発想で作画を開始いたしました。
作品は『Megas001』から始り、『Megas…』と統一名で発表いたします。
作品のポリシーは新しい色調の探究です。

因に《極宇宙探査船パルサーシリウス号の謎》を検索すると、
同名のSF小説(未完成)が登録されてあります。
この、極宇宙の画像のと、この個展《パルサーシリウス号の謎》と
同名の小説がリンクしていると云う訳であります。
此の画像は宇宙の彼方から、日々転送されて来つつあると云う理屈で、
今後も《JazzBar サムライ店》さまと《綜合藝術茶房 喫茶茶会記店》さまの
ご了解がいただければ、最新の天空画像をご紹介出来る予定でございます。

 前回個展の頁参照=(渡邉憲三)

                                           watanabe04.jpg               

posted by 二健 at 21:40| Comment(25) | 図画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。